<< ボストンの兄弟仁義 | main | アメリカの「溝口敦」? >>
やせっぽちのジョーイ (フィラデルフィア抗争その後)
0
    DVD「アメリカン・マフィア」で最後に取り上げられたのが「フィラデルフィア抗争」(Philly Mob Wars)でした。番組ではシチリア出身の「本格派」ジョン・スタンファが話の中心で、対立する「やせっぽちのジョーイ」(Skinny Joey) ことジョーイ・メリーノの方の情報はさほどなかったように思います。若くギラついてた、まさに抜き身の刀のようだったメリーノはその後どうなったのか? 興味がありすこし検索してみました。
    • "スキニー・ジョーイ"・メリーノ (1993年頃)

    • 紙面をにぎわすジョン・スタンファ

    メリーノは「ニューヨークのボス連が送り込んできたボスを認めず」全面抗争した訳ですから、普通に考えたら命がいくつあっても足りなさそうです。ところが、驚いたことに生き残ったのは"やせっぽちのジョーイ"で、13年の刑務所暮らしはあったものの、2011年には無事出所、男盛りの中年を迎えていました。スタンファは終身刑で服役中。番組に登場したマフィアの中で現在生きていて・塀の外にいるのはメリーノだけという事になります。(あ、でも証人保護プログラムを受けているゴッティの元側近が 1人いましたね)
    • 出所後 記者に囲まれる (2011)

    • 地元での父の葬儀にて (2012)

    出所後しばらくして書かれたいくつかの新聞記事や、本人のインタビューによると、ジョーイ・メリーノは足を洗った"元マフィアのボス" であり、現在はマイアミに居をかまえ、心機一転レストラン事業などで頑張っていきたいそうです。ネット上で見つけた近影を見るかぎり、"元" には全然見えません。ウィキペディアの記事でもフィラデルフィア・マフィアの現ボスとなっていますが、もちろん誰が書いたともしれないウィキの記事を鵜呑みにしたり、人を見た目だけで判断するのはよくないことです。
    | マフィア映画 | 15:00 | comments(0)
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    PROFILE