<< ボストンのギャング | main | やせっぽちのジョーイ (フィラデルフィア抗争その後) >>
ボストンの兄弟仁義
0
    ジェイムズ・"ホワイティー"・バルジャーには、きわめて出来のいい弟ビリーというのがいまして、彼は政治家・教育者として表の世界で大きな成功を収めました。20代半ばで州議会議員になると、子供の人権、教育問題・環境問題等で実績をつみ、なんと20年近く州上院の議長をつとめました。またビリーはマサチューセッツの大学群の学長でもありました。まさにボストンの名士であり、地元政界の大立者ですよね。ギャングの兄が逮捕された際には、この兄弟の対比もアメリカの人々の大きな注目を集めたようです。DVD「アメリカン・マフィア」でいうと、思い浮かぶのはアナスタシア兄弟(兄がマーダーインクの処刑人、弟が港湾労組のボス)ですが、彼らは裏と表で協力しあっていたことが後に判明しています。バルジャー兄弟の場合も、弟は公聴会などで釈明することになったようですが、「兄弟が表と裏で連携していた」ということはなかったようですね。その辺はさすがに時代は変わったということなのかもしれません。
    映画化(2014公開予定)の話はあるようですが、主演予定のジョニー・デップが降りたという記事を見つけたので、すんなり完成とはいかなそう。
    • 逮捕されたお兄さん

    • 厳しい質問にも品よく
      答えるビリー・バルジャー氏

    • 子供時代。左から2人目がホワイティーらしい。 右から2人目がビリー?

    | マフィア映画 | 12:26 | comments(0)
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    PROFILE